★☆Daily Zushi-Hayama☆★ by shonan beachfm zushihaya.exblog.jp

78.9MHZ湘南ビーチFM、平日の10時から12時 逗子の本社スタジオからパーソナリティ・森川いつみがお送りしております。


by dailyzushihayama
プロフィールを見る
画像一覧

10月8日(金)鎌倉市川喜多映画記念館 大場正敏さん

鎌倉駅をおりて 小町通りをずっと歩き 鶴岡八幡宮少し手前左に
入った静かな路地に 
e0006772_2144458.jpg

4月1日 鎌倉市川喜多映画記念館がオープンしました。
平屋建ての和風建築で数奇屋造りのイメージを表現し
周囲の環境に調和しています。
ここは 日本映画の発展に大きく貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅跡。

今日番組でお話し下さったのは 生前の川喜多夫妻をよくご存知の、
総括責任者・大場正敏さんです。
e0006772_21504660.jpg

館に入ると・・常設展示では 川喜多長政・かしこ夫妻の紹介や縁の品を
展示。アランドロンやソフィア・ローレンらと笑顔をかわす夫妻の写真も。

そして ただ今の特別企画展は 「鎌倉の映画人  小津安二郎監督の世界」
                                     (12月5日まで)
今や世界の「OZU]として多くの映画人から尊敬の念を抱かれている、
鎌倉 そして日本の誇るべき映画作家の一人、小津安二郎監督。
彼が制作した全54作品を スチル写真と写真パネルで展示したり
現場で使用した書き込み台本、小津監督が戦地から友人に宛てて
書き送った手紙など 見ごたえがあります。

そして 展示期間中 小津作品と同時代の作品の上映が
館内ミニシアターで お楽しみいただけます。

10月24日(日)は 「小早川家の秋」上映後
司葉子さんをゲストに迎え 「小津作品に出演して」と題し
トークイベント「シネサロン」があります。

さらに「小津学入門」ともいえる「連続講座」(全5回)も開催されます。

くわしくは HPまたは パンフレットが 逗子市立図書館、
逗子市民交流センター、葉山町立図書館においてありますので 
ごらんください。

入場料は 特別企画展 大人 300円。 小中学生 150円。
    映画をご覧になる場合は 特別展観覧料含み、800円。 
                        中学生以下 400円。

お問い合わせは 0467-23-2500

館の外は このような遊歩道があって
 
e0006772_21502231.jpg

癒されます~
Commented by 戸田佐智子 at 2016-05-07 09:35 x
大場さん、ご無沙汰しています。フィルムセンター時代、苅間先生の「中国映画の回顧」で字幕などのお手伝いをさせていただいた、戸田です(あのお仕事は本当に楽しかったです。あの直後、私は香港、シンガポールと渡り歩いて働いていました)。また、機会がございましたら、逗子へも出掛け、大場さんにお会いしたいと思います。そうそう、小津も大好きですが、中国映画や香港映画、台湾映画に英国などのヨーロッパ映画も好きです。戸田拝
Commented by dailyzushihayama at 2016-05-12 13:22
戸田様、メッセージありがとうございます。大場さんにお伝えしておきます。
by dailyzushihayama | 2010-10-08 22:18 | ★ずし・はや日記 | Comments(2)