★☆Daily Zushi-Hayama☆★ by shonan beachfm zushihaya.exblog.jp

78.9MHZ湘南ビーチFM、平日の10時から12時 逗子の本社スタジオからパーソナリティ・森川いつみがお送りしております。


by dailyzushihayama
プロフィールを見る
画像一覧

2月2日(火)わっしょい!葉山 頼朝以来の別荘地・海水浴場の葉山

第1&3火曜日の葉山町提供「わっしょい!葉山」では
昨年1月に発行された、町制90周年記念誌『葉山町の歴史とくらし』の中から、
紹介しています。
e0006772_14183533.jpg

今回は、現代から「頼朝以来の別荘地・海水浴場の葉山」でした。
読んでいて楽しい内容でした。

一部を紹介しますと・・
葉山で特筆すべきは、ヨットやクルーザーを所有していた別荘族とは別に、地元の
貸家に夏の間滞在した「葉山族」と呼ばれたグループがあったことです~
またこんな下りも・・
昭和30年(1955)に一橋大学在学中の石原慎太郎が逗子の実家で
執筆した『太陽の季節』で鮮烈デビューし、戦後10年、価値観の劇的変化に
戸惑う大人たちに、「恐るべき子どもたち」と評された新しい青春像が衝撃を与えました。
その後「太陽族」と呼ばれる若者像は、映画化により銀幕デビューする弟石原裕次郎や、
葉山の友人、かぎ家の謙ちゃんたちとの濃密な交流がモデルでした。
若者のファッションとなった当時の「太陽族」は、慎太郎刈りにサングラス、
アロハシャツが定番で、逗子、葉山から、またたくまに湘南一帯に大流行していきます。~

リスナーさんからメールが届きました!
     ↓
森戸海岸から由比ヶ浜へナイトクルーズなんて、頼朝さんステキですね!
やってみたいですね。石原慎太郎で思い出したのですが、17年前引っ越してきた頃、
主人が葉山の床屋さんに行って、バッチリ慎太郎カットで帰ってきて、
とても恥ずかしがっていました。
でもこれも葉山の文化のひとつなんだなってよくわかりました。

さて この 90 周年記念誌をお求めになりたい方は、葉山町役場、葉山町教育委員会、
葉山町立図書館、しおさい博物館、文教堂、葉山町内のコンビニエンスストア、
逗子の二宮書店、椿書房、池田書店などでお求めください。定価は 1500 円です。
なお、葉山町のHPに『90周年記念誌』のご紹介ページが出来ました。
ダイジェスト版と正誤表を載せています。そちらもご覧下さい。
by dailyzushihayama | 2016-02-02 14:21 | Comments(0)