★☆Daily Zushi-Hayama☆★ by shonan beachfm zushihaya.exblog.jp

78.9MHZ湘南ビーチFM、平日の10時から12時 逗子の本社スタジオからパーソナリティ・森川いつみがお送りしております。


by dailyzushihayama
プロフィールを見る
画像一覧

2009年 01月 17日 ( 1 )

日本で非常に人気の高い作曲家の一人、ショパンを
文字通り 朝から晩まで楽しむコンサート「ショパン特集
オールディコンサート~芥川賞作家 平野啓一郎氏をお迎えして~」が
逗子文化プラザなぎさホールでおこなわれ 司会を担当しました。
11時半からスタート、休憩時間をはさみながら 7時まで6つのステージ。
お目当ての公演が終わったら 帰る方が多いのかと思いきや
最後まで 聴いてくださる方が多かったです。

ショパンについて見識の深い、芥川賞作家・平野啓一郎さん
ゲストに 「ショパン・ドラクロア・ジョルジュサンドの音楽と芸術」について
講演いただきました。 ふだんは時間ぴったりに終了するそうですが
今日は 乗ってお話しされたようで 少し時間オーバー。
e0006772_22381127.jpg

講演後の書籍販売&サイン会にはお客さんが長蛇の列で
平野さんは 一人一人丁寧にサインをしてくださり、
販売予定の書籍も完売だったそうです。
e0006772_2240151.jpg

↑主催の逗子サロンコンサートの皆さんと平野啓一郎さん。
今回のコンサートを企画する際、ぜひ平野さんにお話しいただきたい、と
出演交渉を粘り強く行ってきて 承諾をもらうまで1年かかったとか。
でも そのパワーはすばらしい・・

さて 演奏会は 逗子近郊の若き演奏家が出演しましたが
客席にいた市長が「地元にこんなすばらしい演奏家がたくさんいるなんて」と
驚いたほど。
特に私が心に残ったのは ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調を演奏した
ピアニスト・池浦七菜子さん。番組にもご出演いただきました。
初めてお会いしたピアニスト・山本聡子さんの「革命」
ファゴットのイ・ペギュンさんの「別れの曲」
小野哲也さんの即興曲もよかったですね。
そんな中 萩生哲郎さんは 実は 会社員で毎日東京まで出勤。
なのにショパンの難曲を6曲も演奏していました。
いつ練習するのか訪ねると 主に土・日で 24時間演奏できる場所を
借りて猛練習するらしいです。
やはり 才能と・努力と。 好きだから出来るのですよね。
by dailyzushihayama | 2009-01-17 22:45 | ★ずし・はや日記 | Comments(0)