人気ブログランキング |

★☆Daily Zushi-Hayama☆★ by shonan beachfm zushihaya.exblog.jp

78.9MHZ湘南ビーチFM、平日の10時から12時 逗子の本社スタジオからパーソナリティ・森川いつみがお送りしております。


by dailyzushihayama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

12月20日(月) たばこの話  保健師の浅川さん

今日の「ハロー逗子」では 逗子市国民健康課保健師の
浅川佳子さんに”たばこについて”お話しいただきました。
e0006772_22131898.jpg

改めてたばこの害についてうかがいました。
たばこの煙はほぼ全部の臓器に害があります。
その理由は、たばこの煙には200種類以上の有害物質が含まれています。
有名なものとしては、「ニコチン」、「タール」、「一酸化炭素」など。
「ニコチン」は、脳の中枢神経に作用して強い依存をもたらす上に発がん物質を
作り出します。「タール」は、発がん物質を作りだす作用や呼吸器の病気を
促進させます。「一酸化炭素」は、血液中のヘモグロビンと結びつくことで
酸素の運びを悪くし、体を軽い酸欠状態にし、動脈硬化をすすめてしまいます。

他の有害物質としては、ヒ素、カドミウム、ベンゼン、ホルムアルデヒド、トルエン、
などで これらはゴキブリの殺虫剤、防腐処理剤、シンナーの主成分、
ガソリンの成分として使用されている・・と聞いて 私はぞっとしてしまいました。

でもなかなかやめられないという理由は、たばこに依存性があるから。
その依存性は大きく分けて2つあります。
たばこを吸うことでリラックスした、頭がスッキリしたなど、過去の経験に
頼ってしまう「精神的依存」と、ニコチン中毒による「ニコチン依存」です。
特に「ニコチン依存」は、覚せい剤や大麻などよりも依存性が強いと言われています。
この2つに長年たばこを吸うという動作を行ってきた「習慣」が重なり合い、
喫煙がなかなかやめられないということになります。

ですから 絶対たばこをやめるには「ニコチン依存」を克服することが
重要なポイントとなります。
今は、昔のように「強い意思」がなくても、「禁煙外来」で依存を和らげる薬を使い、
精神的な負担がなく簡単に禁煙にチャレンジできるようになりました。
また、ニコチン代替用品も薬局で手軽に買えるようにもなり、
身近でいろいろな方法を試すことができるようにもなりました。

さて たばこについて勉強してみませんか?

第1回  平成23年1月14日(金)14:00~16:00
講座名:「受動喫煙と健康被害について」※一酸化炭素濃度測定実施
講師:深澤博史 医師(鎌倉保健福祉事務所長)
場所:市役所第7会議室
第2回  平成23年1月21日(金)14:00~16:00
講座名:「らくらく禁煙方法と家族への勧め方」※一酸化炭素濃度測定実施
講師:斉藤 照代 保健師(東京労災病院勤労者予防医療センター)
場所:市役所第5会議室
第3回  平成23年2月26日(土)10:00~11:30
講座名:「禁煙情報交換会」
講師:市保健師
場所:市民交流センター
•1回のみの参加も可能です。
•申し込み期間:12月1日(水)~1月13日(木)
(電話・窓口の場合:午前8:30~午後5:00、土日祝日、年末年始は除く)
•申し込み方法:電話、Fax、メールにてお申し込みください。
電話:046-873-1111、Fax:046-873-4520、
mail:kenkou@city.zushi.kanagawa.jp
申し込みの際は、①講座名 ②氏名(フリガナ) ③住所 ④電話番号 ⑤年齢⑥性別を
お伝え(ご記入)ください。
•託児あります。希望する方は申し込み時に、子どもの年齢、性別をお伝え(ご記入)ください。
by dailyzushihayama | 2010-12-20 22:24 | ★ずし・はや日記