★☆Daily Zushi-Hayama☆★ by shonan beachfm zushihaya.exblog.jp

78.9MHZ湘南ビーチFM、平日の10時から12時 逗子の本社スタジオからパーソナリティ・森川いつみがお送りしております。


by dailyzushihayama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

3月17日(木)NPO法人 日本火星協会・村川恭介さん

暖かな陽射しです。

今日は昨日につづいて「第10回子どもフェスティバル」の企画から
NPO法人 日本火星協会 理事長・村川恭介さんをお迎えしてお話いただきました。
e0006772_13575772.jpg

テーマ「地球でも火星でも、昆虫食べますか?」で
どんなイベント?などと思われた方も・・

いえいえ昆虫を食べることが目的ではなく、未来の火星の家とか食事を
参加者の方と一緒に勉強して、想像してみよう、ということです。
でも、想像だけではなく、実際の昆虫料理を食べたり見たりして、
昆虫食を体験してみよう、ということです。火星用食料として昆虫が研究されています。
そのまま食べるのではなく、最近話題の3D プリンターをつかって昆虫を原料とする
ピザやハンバーグを作る実験も NASA が行っています。
未来の火星の家はどうなんだろう、火星での食事はどうなんだろう、ということを
みんなで想像してみよう、と。絵を描いていただいて、日本火星協会ウェブで
発表を予定しています。

「火星での食と住のワークショップ」27日(日)13時半~15時 
市民交流センター 第5会議室にて
前半は参加者と一緒に火星に関するビデオやトークで、火星の勉強をして
いただき、未来の火星のお家を描いて楽しもう、というコーナー。
そして昆虫のコーナーでは昆虫料理研究家の内山さんに
案内役をお願いして昆虫食の実物の説明や食べ方などを紹介して
いただきます。食べたくない人は見るだけでも十分勉強になります。

なお エビなどの甲殻類でアレルギーになるかたは
試食は避けたほうが無難でしょう。

ちょっとの時間ですが、未来の火星の生活を想像してみなさんで楽しみましょう。
将来火星に行くのは今の中学生、小学生です。未来の火星宇宙飛行士ためにも、
大人たちも一緒になって火星のことを勉強しましょう。

くわしくは子どもフェスティバルHPコチラ
by dailyzushihayama | 2016-03-17 14:30 | ★ずし・はや日記